Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>






qrcode





独立しました

でてきたもの
02:11
 美香は収集癖がある。
というか、「いいもの」「大事なもの」は奥にしまったり、
後で大事に手を付けたりする。

因みに私はどちらかと言えば真逆である。
「うまいものは先に食う」
という感じである。

この結果、日常で良く発生するのが、例えば
「フルーツパフェで もも を大事に最後までよけて
食べた美香が途中でおなか一杯になり、
その もも を私が仕方が無いので(腹に余力もあり)
いただく」
というような状況である。
(昔はもっと悲惨で、美香が食事等で最後まで残している
彼女の大好物を「あ、これ嫌いなんだね」と横から私がさっと
奪い、口に入れてから「嫌いではなく楽しみとして残していた」
ことに気づきエラく何度も怒られた。)


ということで、とにかく何でもすぐに「とっておく」
「収集はするが使わない」ということが頻繁に発生する。

さて、本日、ひょんなことからこんなものを発見。


「何これ?」と聞くと、

「去年空港で見つけたノイハウスのチョコ」

とのこと。さっぱり覚えていなかったのだが、どうもモロッコへの道中

で購入したものらしい。

「ふーん。。ん? モロッコって1年以上前だよね。。」

と気がつき、何気なく容器をウラにしてみると


賞味期限は2009年11月3日。。

「これ、もう腐っているんじゃない??
何で、いつまでも取っておくの?!!」

「だって、勿体なくて。。」


まあ、チョコは腐らないとは思うが、これに限らず

何となく、こうやってずっと使わないで保管しているものが

たくさんあるんだろうなあ、、と再認識。


しかし、何が幸せかはひとそれぞれだから

「食べて幸せになる人もいれば」

「いつか食べることを考えて幸せになる人もいる」

わけで、ま、いいのかな、と最近は思っています。

人間は多様性にこそ価値があるわけですから。




| 2010.01.27 Wednesday | 美香の日常 | comments(2) |

良い思いつき
02:31
 美香はワイン、シャンパンを飲んでいる時、良く何か思いつく。
何か思いつくのだが、酔っぱらってそのままアイデアが何だったか、
分からなくなることも多い。

今日は、私が会社の昼飯で「生姜焼き丼」が美味しかった、という
話をしたところ、シャンパンを飲みながら、
「あ、いい生姜焼きのレシピを思いついた!」
と急に何かひらめいたらしく、隣の部屋からkittyメモを持ってきた。

そして、メモに合わせてkittyペンを持ってきて、
それから一杯グラスを空け、
そして、タイトルをまず書いてみた。。

ここで酔っぱらってしまい、
「はーは磨いてくる」(注:歯磨きをする、の意)
と言って、去って行った。。。

残された私は
「どんなレシピだったのだろう??」
と想像しながら、残った酒を飲んでいる。。






| 2010.01.23 Saturday | 美香の日常 | comments(0) |

甘やかしすぎでは。。
02:57

これはなんであろうか。。
因みにうちには子供はいない。。

美香が最近大興奮している。


美香曰く、「ミルクを飲む時、胸元が汚れないため」とのことであるが、
こうやって、人間は、いやネコですら、ダメになっていくのではないか、、
と感じるこのごろである。

目がだいたいやばい。


| 2009.05.22 Friday | 美香の日常 | comments(3) |

メモの技法
03:08
我が家では、共通の卓上メモを使って、
することリスト、買うものリストにしている。



これは、メモの部分を撮影したもの。

上は私のメモ。することを書き、処理済みTaskを明確化するため、
行の前にチェックボックス(□)を置く。

下のメモ(?)は美香のもの。
文字がない。
一番上から、壁掛けフック、くし(?)、歯ブラシ、と予想される。
恐らく買い物リストであると考えられる。

同じ人類に属するとは思えない(とお互い思っている)。

| 2009.05.11 Monday | 美香の日常 | comments(3) |

土地の価値
02:20
ぼーっとしている間に4月も中旬、既にGW間近である。
GWは結局、シンガポール経由、クアラルンプールでぼーっとすることにした。

--------------------------------

我が家は結婚してから実に頻繁に引っ越ししている。

そもそも一カ所に永住という発想がなく、気分も変わるので、
実は定期的に転勤等があるのはWelcomeなのである。
引っ越し自体は面倒だが、正当に会社から休みがもらえるのであれば、
まあ、不要物を整理できるので、いいのかな、とも思う。

この引っ越しの後、我が家は頻繁にもと住んでいた場所に戻って
昔を懐かしむ、、という性癖がある。
つまり近所の「土地の価値」は低く、遠くにいくと
「土地の価値」は急にあがる、わけである。

そもそも、我が家は多少無理してでも、比較的都心に住居を構える、という
バブル発想が抜けない傾向があり、
つまり、今住んでいるところも都心で相当面白い地域なのだが、
何故か「近いところ=生活圏=心躍らない」
というふうに見なしてしまう。

昔は良く、5年間住んでいた京都に用もないのに帰っていた。
桜の季節は勿論帰るのだが、何と何もない季節でも京都に帰り、
馴染みの定食屋で食事をし、昔の近所の豆腐やで豆腐を買い、
たこ焼きをたべ、いつものスーパーで買い物をしてきたりする。

せっかくの旅行なのだが、何か「生活しにいく」という感じである。

さて、シンガポールである。
特にあの国の場合、前にも書いたが、
美香がまだ現地でのエステの回数券を持っている、
私が現地ラグビーチームに参加する、
何と言ってもチケット、ホテルが安く京都へ行くより安い旅行となる、、等々
があり、ついつい気軽に行ってしまう。
今回は目的地がKLなのだが、直接行くより、シンガポール経由のほうが
安いので、これまた立ち寄ってしまう。

たぶん、今住んでいるところも、次に引っ越したら、美香と
「昔の場所は良かったねえ。。」としょっちゅう戻ってくることになるの
だろうと思っている。

<<シンガポールでは3カ所に住んでいたのですが、下記は2回目と
3回目の住居の近所。Riverside Point>>







| 2009.04.17 Friday | 美香の日常 | comments(2) |

家計のやりくり
03:02
GWのプランをまだ検討している。

今年はゆっくりと家で過ごそうか、とも思っていたのだが、
価格比較をしているうちに、あまりの日本の物価の高さに嫌になり、
国外脱出を再度検討開始した。

そもそも、4月頭に京都へ桜を数年ぶりに見に行こうと思い、ホテルを
予約した。(会社の福利厚生で、安く泊まれるホテルは予約開始日の1時間で
全て埋まってしまい「やっぱり」取れなかった。。)
それだけでも、「何でこんなにホテルは高いんだろう??」
と怒っていたのだが、新幹線の料金を調べて更に驚いた。

ー片道13,500円くらい!!!(東京ー京都)である。
高速バスも7,500円くらいであるのだが、朝到着して
そのまま出勤ということを考えると、ちょっと今回の強行軍では
厳しい。。(実質、土日だけの花見)

そんな時、格安航空券サイトで東南アジア行きのチケットを見た。
すると、”ひとり往復”で13,000円。実際には燃料代がかかるので、
往復で40,000円くらいの仕上がりだが、それでも片道20,000円。
そして、ホテルは5つ星ホテルで一泊10,000円以下もざらである。


本当は久々に田舎へ帰ることも検討したのだが、運悪く
美香の田舎が”ひとり片道”35,000円くらい(東京ー四国)、
私の田舎が”ひとり片道”15,000円くらい(東京ー北陸)なので、
全くやる気が起きない。

美香は一点豪華主義を主張し、「まあ、GWはゆっくり過ごし、
海外へ行ったと思って1−2回ホテルとかで食事をするのもいいかも。。」
等と言っているが、東京のそこそこのホテルの食事をまともにすると、
(私の計算では)
食事2回=2人分の東南アジアで2カ国を移動する航空券+ホテル代(6日分)
くらいになるので、全く割安ではない。
楽しいGWを演出しつつ、家計のやりくりをするのは非常に難しい。

。。因みに、我が家では家計のいっさいの計算は私が担当する。
美香は通常外出でサイフは持たないし、サイフに幾ら入っているかも良く覚えていない。
時々、気がついて「無い」と言うと、私が補充する。
(が所詮サイフを持ち歩かないので、あまり有益ではない。こうして彼女が使用する支払い方法は、クレジットカードかおさいふケータイ(OnlineチャージできるEdy, OnlineチャージできるSuica, iD)となる。)

まあ、これも結婚して2年くらい給料を家に入れなかった(入れることを
思いつかなかった)罪滅ぼしと考え、役割に甘んじている。
最近ではi-modeで家計簿をつけられるソフトを発見、こつこつと入力に
いそしんでいるところだ。 了



| 2009.03.25 Wednesday | 美香の日常 | comments(0) |

ネコの寝床
01:43
美香は妙なところに拘る。
というか、収集癖がある、というほうが正しい。

良く買い物にいくと中々これが欲しい、あれが欲しい、とは言わない。
言わないが、いったん言い出すと、
「実は、前から欲しかったが言い出せなかった。
私はずっとひとつも持っていなかった。
ひろがケチだから困っていた。。」
といわれの無いことで責められる。

しかし、よく考えると実は「それ」は家にあったのだが、
私と彼女の理解が微妙に異なる、ということがある。
そして、私から見ると同じ用途のものが収集される。

例えば「ハンドバッグ」である。
彼女は
「ハンドバッグはひとつもない。前から欲しかった。。」
と言うのだが家にさすがに一つもハンドバッグがないわけではない。
良く聞いてみると
ーネコの模様がついているハンドバッグは買ってもらってなかった
ー水にぬれても大丈夫なやつは買ってもらってなかった
ーMacBookが入る大きさのものはなかった
ーあるけど、勿体ないので気軽に使える奴が欲しかった
等々
そしてコレクションが生成される。

で、ネコの寝床である。
私から見ると目的は同じであり、そんなに数はいらないと思うのだが、
私の計算でも既に5つネコ用のベッドがある。

何故そんなに必要か聞くと
ー隠れたい時用
ーもっと独りになりたい用
ーあったかくなりたい冬用
ーつるつるしたサテン生地の春夏用
ー探検用
ということで、全て異なるものらしい。
本日はそのうち、3つをご紹介。
今日はどれに入るのか、毎日楽しみとのこと。



| 2009.03.24 Tuesday | 美香の日常 | comments(2) |

カサブランカでの様子( マーケット )
23:09
 カサブランカ、というかモロッコ全般にネコがとにかく多かった。

で、ネコを見つけると美香は足が止まり、話をしに行くことになるので、

道中、目的地到着まで、予定よりずいぶん時間がかかることも多かった。

彼女曰く、「ネコ語は世界共通」とのことだったが、このネコ、何となく顔が

「外人」という感じ。

しかし、話は通じているようであった。

ネコ語、というのは本当は良く分からないが、ネコの「ニャー」という鳴き声は

美香の場合、音符(音と音の高さ)に変換できるようで、私がいくら鳴き声を真似ても、

見向きもされなかったケースで、彼女が音程を正確に合わせて泣くと、

必ず振り向く。

これを見ると、ネコとのコミュニケーションには「技術」というものが

存在することに気づく。絶対音感というのは、こんな場合には便利なものの

ようである。


| 2009.01.05 Monday | 美香の日常 | comments(1) |

モロッコ
18:00
モロッコにいる。
今年の年末は何とかチケットが取れたので、マラケシュ、フェズ、カサブランカである。
尚、チケットはマイルを使って無料。家賃を全てカード支払いにしていたのが効いている。
ホテルも円高のお陰で3割くらい安い感じ。

美香はタジン(変な壺みたいな鍋で作った)料理を食べたり、羊の脳みそ料理を食べたりしている。

脳に関しては、私には相当抵抗があったが、まあ西洋人から見れば鯨を食う日本人のほうが野蛮なのだろうし、まあ何事も経験と思い食べてみた。
味はあん肝みたいな感じ。まあ、アンコウがかわいそうでなく、羊はかわいそうと言った論理は変なので(魚はいいが鯨はダメと同じになる)、もう一度遠慮したいが、このようなものを食べる文化があることは納得。

美香はキリンが食べたいらしい。。

| 2008.12.29 Monday | 美香の日常 | comments(2) |

借りてきたネコ(2)
00:32
 

ネコ、というのは「寝るコ」という意味から来ているらしいが、
それにしても、幸せそうな眠り方である。
頭がピタリとクッションの上に置かれており、重力から完全に
解放されている、感もある。

このピンクの場所は、美香が先週下北沢で見つけた「いちごの形」の小屋(?)
であるが、ここはネコの「ユカちゃん」の寝床として、この数日
利用度が高まっている。
これは、美香にとってかなり生活のリズムを改善することに役に立っている。

説明すると、最近我が家でよく見る光景は下記である。

この「ユカちゃん」は暖かい場所が好きなのか、
美香が座っていたイスの上に、隙があると乗ってくる。
例えば、美香がちょっと紅茶を台所から持ってきて、帰ってみると、
このユカちゃんがいつのまにか、イスの上を占拠している、、という具合
である。
この場合、何と美香は「ユカちゃん」をどかそうとせず、しゃがんで、
目線をユカちゃんの高さに合わせ、「どいてもらえまちぇんか?」等と
話しかける。
ユカちゃんは、じっと美香の顔を見るか、それとも眠そうに全く相手に
しないか、兎に角通常簡単には席をどかない。
美香はしばらく「しょこ、わたちの席なんでちゅけど」「どいてくだちゃい」等
話しかけるものの、最後はあきらめ、すごすごとピアノのほうへ行って、
時間つぶしのために、一曲弾いたりすることとなる。

私などは、こういうケースの場合、
今までやっていた仕事のペースを乱さぬため、
「ちょっとゴメンネ」とか言いながら、「ユカちゃん」をどかすのだが、
美香はそれをしない。
つまり、座られたら終わり、なわけである。

この1週間で、我が家には「いちごの家」「ネコタワー1」「ネコタワー2」
と次々と「ユカちゃん」用の居心地の良い空間が導入され、
徐々に、美香の席確保の仕組みが実現されている。
今の状況を考えると、これからも「ネコ遊び場1」「ネコ休憩所1」とかが
増えそうな勢いである。


| 2008.12.23 Tuesday | 美香の日常 | comments(0) |